DAIDO MORIYAMA

DAIDO HYSTERIC

29 Apr - 22 May 12-7 PM

moriyamadaido.com

From April 29 (Fri) to May 22 (Sun), 2022, Gallery COMMON is pleased to present DAIDO HYSTERIC, a retrospective exhibition based upon photographer Daido Moriyama’s seminal photobook Daido hysteric no. 4. The photograph collection was published by Harajuku fashion brand Hysteric Glamour in 1993, and represents a pioneering crossover between fashion and art that arguably laid the groundwork for the collaborative culture that would come to define Harajuku in the 90s and onwards.
 
The exhibition will include 48 gelatin silver prints and 9 silkscreen canvases featuring key images from the photobook as well as never-before-seen photographs from the same era that were rediscovered when Moriyama revisited his film archives for this exhibition.
 
To go alongside the exhibition, Gallery COMMON and Akio Nagasawa Publishing will be co-publishing a restored reprint of the photobook. Originally released in an edition of 300, the rare photobook will become available once more in a limited edition of 900. In commemoration of the show, 50 of the 900 copies will include a special collector’s edition gelatin silver print.
 
Hysteric Glamour’s Shibuya store will also be concurrently exhibiting a selection of 2004 Daido Moriyama × Hysteric Glamour collaborative silkscreen prints for the same duration as the exhibition.
 
Daido Moriyama (b. 1938, Osaka) has long established his status as one of Japan’s most important photographers. Moriyama first rose to prominence in the late 1960s when he and his contemporaries upended the world of photography through their work in the avant-garde magazine Provoke, which went on to influence later generations–including Nobuhiko Kitamura, the founder of one of Harajuku’s oldest existing fashion brands, Hysteric Glamour.
 
Kitamura founded Hysteric Glamour in 1984 at the peak of the DC brand 1 era of Japanese fashion. Coming onto the designer-dominated scene at a time when the term “street fashion” did not yet exist, the diehard rock 'n roll enthusiast sourced his inspiration from the graphical album covers and stage style of rock subcultures. Importantly, he rejected the DC brand approach, in which everything from the concept to the sales strategy of a seasonal collection was coordinated solely by the head designer. Instead, he made it a point to work alongside and support other creators.
 
The idea to publish a photobook series first came to Kitamura in the late 80s when he stumbled across boxes of old photo publications, including Provoke, as he was helping acquaintance and fashion photographer Kiyoshi Tatsukawa move. A few years later, in 1991, the hysteric photobook series came to fruition as a pure platform for photographers to present their work–no photos of clothes, no brand marketing or advertisements involved. This type of fashion and art crossover may seem commonplace to many of us now, but it was a completely novel move at the time, one that was initially met with confusion and dismissiveness.
 
Volume 4 of the series, Daido hysteric no. 4, marks the first single-artist photobook of what was originally intended to be a series of multi-artist compilations– the result of a half-joking request from Moriyama, who said that he would participate in the project if Kitamura gave him a full 400-page issue. Kitamura happily (and perhaps to Moriyama’s surprise) obliged. Moriyama spent the next year and a half documenting the city, and quietly released 300 editions of the book at his photo exhibition "Daido Moriyama: A Photo Installation" at on Sunday’s, The Watari Museum of Contemporary Art (Watari-um), Shibuya (1993). Ironically, it was only after a newspaper feature led to international circulation that the previously dubious local audience finally began to take interest. By the time most people in Japan had heard of the book, it had long sold out.
 
Gallery COMMON is pleased to present the very first exhibition and reprint of this influential work that remains a key publication in the artist’s oeuvre as well as one of the landmarks of Harajuku’s cultural evolution. In the ten years since the gallery’s establishment, Harajuku has undergone rapid change, with an influx of international corporations, fast fashion outlets, redevelopment projects, and the simple flow of time drastically changing the urban and cultural landscape. We hope that this exhibition will serve as a way of keeping the neighborhood’s legacy alive, and introduce younger audiences to a vital precursor of the collaboration-centered 90s “Ura-hara” creative movement that impacted fashion, music, and art worldwide.
 
1 “DC (Designers & Characters) brand” was a Japanese buzzword and catchall term for the Japanese high-end fashion brands that dominated the 1980s, such as Men’s BIGI by Takeo Kikuchi and Comme des Garçons by Rei Kawakubo (among others). ■Daido hysteric no. 4
Author : Daido Moriyama
Publisher : Gallery COMMON & Akio Nagasawa Publishing
Year of publication : 2022
Page count : 352
Size : 36.5×31.5cm
Edition : 900
 
-Remastered Edition : 850, hand-signed by the artist and numbered
Price : ¥15,000 tax excl. / ¥16,500 tax incl.
 
-Special Collector’s Edition : 50, hand-signed by the artist and numbered
Price : ¥100,000 tax excl. / ¥110,000 tax incl.
Includes one 25.4×30.5cm gelatin silver print featuring 1 of 5 photos, 10 editions each.
 
-Release date : April 29, 2022 (Fri)
Available for purchase at Gallery COMMON and select bookstores in Japan (more information coming soon).
Online & international purchase available through www.akionagasawa.com.

この度Gallery COMMONでは、2022年4月29日(金)から5月22日(日)まで、写真家森山大道の代表的な写真集『Daido hysteric no. 4』をもとに写真展「DAIDO HYSTERIC」を開催いたします。1993年に原宿のファッションブランド「ヒステリックグラマー」から出版された写真集『Daido hysteric no. 4』は、ファッションとアートのクロスオーバーの先駆けとしての歴史的側面があり、90年代以降の原宿を象徴するコラボレーションカルチャーの礎となるアイテムとして挙げることができます。
 
「DAIDO HYSTERIC」では、『Daido hysteric no. 4』を中心とした写真に加え、本展に向け作家により過去アーカイブより選り抜かれた同時代の未公開写真を含む48点のゼラチン・シルバープリントと9点のシルクスクリーンキャンバス作品の展示を行います。
 
また、本展に合わせGallery COMMONはAkio Nagasawa Publishingと共同出版で1993年に出版された本写真集のリマスター版を制作。当時限定300部で発売されたこの貴重な写真集ですが、この度限定900部で復活、リマスター版900冊のうちの50冊は、オリジナルのゼラチン・シルバープリント付きスペシャルコレクターズエディションとして出版いたします。
 
さらに、ヒステリックグラマー渋谷店では、2004年の森山大道×ヒステリックグラマーのコラボレーションによるシルクスクリーンプリントの展示を期間中、同時開催いたします。
 
日本を代表する写真家の一人として、長年にわたりその地位を確立してきた森山大道(1938年大阪生まれ)。1960年代後半、前衛的な雑誌『Provoke (プロヴォーク)』で写真界に衝撃を与え一躍有名になった森山の作品は、原宿の老舗ファッションブランド「ヒステリックグラマー」の創業者、北村信彦ら後進にも大きな影響を与えました。
 
北村がヒステリックグラマーを創業した1984年は、日本のファッション界がDCブランド(※注1)全盛の時代。そんな、まだ「ストリートファッション」という言葉もなかったデザイナー主導のファッションシーンに登場した彼は、ロックンロールとそのサブカルチャーのグラフィカルなアルバムジャケットやステージスタイルからインスピレーションを得て制作を行っていました。彼のスタイルで何より重要だったのは、シーズンごとのコレクションをコンセプトから販売戦略まで全てデザイナーがコーディネートしていた従来のDCブランドの方式を否定し、その代わりに他のシーンで活躍するクリエイターと一緒に仕事をすると共に、サポートすることを重要視した点にあります。
 
80年代後半、北村は知人でファッション写真家の達川清の引越しを手伝った際に、『Provoke』などの古い写真集の箱を偶然発見し、写真集の出版を思いついたといいます。その後1991年に出版されたhystericフォトブックシリーズは、服の写真やブランドのマーケティング、広告などは一切含まない、写真家が自分の作品を発表するための純粋なプラットフォームとして確立しました。このようなファッションとアートのクロスオーバーは、今でこそ当たり前のことですが、当時は全く新しい動きとして、当初は多くの人を戸惑わせました。
 
そんなシリーズの第4段の発行だった「Daido hysteric no. 4」の制作が決まった経緯は、それまで数人の写真家を招いたオムニバス形式で出版されてたhystericシリーズに対し、森山が冗談半分で「1冊400ページ丸ごと出させてくれるなら、この企画に参加したい」と言ったのはじまりでした。作家本人からのソロ写真集のリクエストに北村は喜んで応え、森山はそれから1年半かけて街を撮影、1993年に渋谷ワタリウム美術館のオン・サンデーズで開催された「森山大道インスタレーション」展の開催と同時に本写真集は300部限定でひっそりとリリースされ、後にそれらを取り上げた新聞の特集がきっかけでそれまで戸惑っていた人々もようやく関心を持ち始めるようになります。その後北村と森山によるスタイルは国際的にも広まり、国内の人々がこの『Daido hysteric no.4』の存在を知った時には、既に入手困難な貴重なアイテムとなっていました。
 
Gallery COMMONでは、そんな原宿の文化的変遷を物語る貴重な出版物であり、アーティストにとっても重要な作品群の、初の展示開催そして、リマスター版写真集の販売を行います。ギャラリー設立から10年、原宿は急速な変化を遂げ、国際企業の進出、ファストファッションの増加、再開発プロジェクト、そして単純な時間の流れが、そこにある文化と風景を大きく変えてきました。本展がこの地域の遺産を守り続け、現在の街を形成し、世界のファッション、音楽、アートに影響を与えた90年代の「裏原」コラボレーションカルチャーの先駆者を次の世代に紹介する一助になればと思っております。
 
※注1:「DC(デザイナーズ&キャラクターズ)ブランド」は、1980年代に日本国内で広く社会的なブームとなった、菊池武夫のメンズBIGIや川久保玲のコム・デ・ギャルソンなどの日本のアパレルメーカーによる高級ファッションブランドの総称。 ■Daido hysteric no. 4
著者 : 森山大道
出版社 : Gallery COMMON & Akio Nagasawa Publishing
発行年 : 2022
ページ数 : 352
サイズ : 36.5×31.5cm
発行部数 : 900部
 
-リマスタードエディション : 850部、作家サイン&ナンバー入り
価格 : ¥15,000+税
 
-スペシャルコレクターズエディション : 50部、作家サイン&ナンバー入り
価格 : ¥100,000+税
ゼラチン・シルバープリント付き(25.4×30.5cm )、5イメージ各限定10部。
 
-発売日 : 2022年4月29日(金)
Gallery COMMONおよび日本国内一部書店で購入可能(詳細は近日公開)。
オンライン・海外からのご購入はwww.akionagasawa.comより。