common

Rhizomed Material
Past Exhibition

Keisuke Tada

Rhizomed Material

30 Sep–5 Nov 2023

Gallery COMMONとMAKI Galleryはこのたび、愛知県を拠点に活動するアーティスト、多田圭佑の個展を両ギャラリーにて同時開催いたします。9月30日(土)より、Gallery COMMONでは「Rhizomed Material」、MAKI Gallery / 表参道では「Phantom Emotion」を開催いたします。両展合わせて約100点を超える新作のペインティングによって構成されるこのプロジェクトは、多田にとってこれまでで最も大規模な展示となります。

バーチャル空間の体験や特殊造形をはじめとした、仮構世界を横断する経験からインスピレーションを受ける多田は、仮想空間と現実空間における時間と物質の捉え方を探求し、デジタル時代における現実の不確かさに直面する作品を制作します。「Rhizomed Material」では、《trace/dimension》シリーズの新作を展示します。タイルや木製の床板、金属製の引き出しや鎖などがグリッチ状に組み合わさって見える多田の立体的な作品は、実際にはアクリル絵具のみによって作られています。「Phantom Emotion」では、《Paintings of incomplete remains》と《Heaven's Door》シリーズの作品を展示します。前者は、ひび割れ、劣化した17世紀の風景画のように見えますが、実際は多田の手によって人工的に経年加工が施された、存在しない風景と時間を描いた作品です。後者では、ヨーロッパで実際に使用されていた門扉をアクリル絵の具でリアリスティックに再現し、それを斧で攻撃することで、成形色である色が露出し、ドアの絵の具としての組成暴きます。扉としての機能をもたないこの作品は、単なる幻影であり、その先を望む欲望と暴力、そして私たちの物理的な限界を越えようとすることの無益さを象徴しています。

Artworks

Views